MENU

【徹底解説】代表的な2つのAGA治療薬!その効果と副作用を知る


病院やAGAクリニックでもこれは同じですが、基本的に薄毛治療には主に次の2種類の治療薬が使われます。

 

  1. フィナステリド
  2. ミノキシジル

投薬治療に使われるこれらのAGA治療薬。

 

日本では医師のもと処方してもらわなければいけない医薬品ですが、インターネットが普及した今では個人輸入代行業者などネット通販を利用して、自己責任でAGA治療を行う人も増えているといいます。

 

安全面や保障面を考慮するとセルフでの投薬治療はやはりオススメできませんが、ここではひとまずその話は置いておいて、それぞれの治療薬の特性について知っておきましょう。

 

 

ここからは、それぞれどのようなメカニズムでどんな効果があるのか?また、薄毛治療への効果と引きかえに、どんな副作用リスクがあるのか?

 

これらについて詳しく解説していきたいと思います。

 

フィナステリドの効果とメカニズムとは?

フィナステリドというのは成分名で、治療薬として日本で有名なものと言えばやはり「プロペシア」でしょう。

 

フィナステリドは、もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬(プロスカー)として使用されていたもので、これらの患者に副作用として「抜け毛が減った」「髪が増えた」という症状がみられたことから、改良がくわえられ薄毛治療にも応用されるようになりました。

 

日本ではプロペシアが有名ですが、世界中でフィンペシアやエフペシアなど色んなジェネリック医薬品も含め現役で使用されている薄毛治療薬です。

 

 

さて、そんなフィナステリドですが、主な効果効能としては「抜け毛を抑える」ことができます。

 

そのメカニズムは簡単で、抜け毛を引き起こす最も大きな要因であるDHT(ジヒドロテストステロン)。これを生成するのは男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素(5αリダクターゼ)ですが、フィナステリドにはこのうち還元酵素(5αリダクターゼ2型)を阻害する働きがあります。

 

つまり、フィナステリドを摂取するとDHTが生成されにくくなり、結果的に抜け毛が減るというわけです。

 

ヘアサイクルという側面から見ると、短くなってしまった髪の毛の成長期を、正常な長さに戻してくれることになります。ようするに、ヘアサイクルに起きている異常を正常に戻す役割を担ってくれるわけですね。

 

近年ではフィナステリドだけでなくデュタステリドという薄毛治療薬が注目を浴びています。フィナステリドが還元酵素5αリダクターゼ2型のみを阻害するのに対し、デュタステリドは還元酵素5αリダクターゼ1型と2型両方を阻害する働きがあるので、より脱毛防止に効果があるといわれています。

 

 

ミノキシジルの効果とメカニズムとは?

そして、もう一つの治療薬ミノキシジル。こちらも成分名で、日本で代表的なものがリアップなどですね。

 

ミノキシジルも初めから薄毛治療薬として開発されたわけではなく、もともとは高血圧の患者に向けて血圧を下げる薬として処方されていました。

 

ミノキシジルには血管拡張作用があり血圧を下げる作用があるので、髪への影響としては毛細血管など頭皮の血流が良くなり、発毛や育毛に必要な栄養素や酸素が運ばれやすくなるというメリットがあります。

 

ちなみにミノキシジルにも2種類あり、一つはリアップのように頭皮に直接塗るタイプの外用薬タイプ。もう一つは、タブレット型で飲み込んで体の内側から作用していく経口薬タイプです。

 

個人差もありますが、一般的には内側から作用する経口薬タイプ、ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)と呼ばれる方が効果が高いといわれています。

 

これはミノキシジルは空気に弱いという性質があるため、外側からアプローチする外用薬よりも内側からアプローチしたほうが最大限に効果を発揮してくれるという理由からです。

 

 

フィナステリドとミノキシジルは相性抜群!併用効果を解説

そんなフィナステリドとミノキシジルですが、この2つの医薬品を使ってAGA治療が行われているのは、やはりこの2つの医薬品の効果が併用することによってより効率的に薄毛治療に役立つからです。

 

フィナステリドで抜け毛を抑えながら、ミノキシジルで発毛育毛を促進させる。この「守り」と「攻め」が同時に行われることが大切になります。

 

 

例えばサッカーで考えてみましょう。

 

オフェンスが強くバンバン点を取ってくれても、ディフェンスがなっていなければこちらも失点しまくりますよね。逆にディフェンスが鉄壁でも、オフェンスが弱かったら点は取れません。

 

ようは、どちらも同時に強化しなければ試合には勝てないわけです。

 

 

薄毛治療に話を戻すと、フィナステリドとミノキシジルはそれぞれの作用から攻守一体となって薄毛改善にアプローチできるわけなので、相性がよく効率的な治療ができるというわけですね。

メリットだけじゃない!必ず知っておきたいAGA治療薬の副作用

そんな薄毛治療の特効薬として知られているフィナステリドとミノキシジルですが、もちろん医薬品である以上は効果効能だけでなくデメリット部分、いわゆる副作用も存在します。

 

副作用の症状や程度には個人差があり、すべての人が同じリスクがかかってくるわけではありませんが、なかには重篤な状態になり使用を断念せざるを得なくなる人もいるくらいです。

 

それぞれの起こりうる副作用リスクは以下のとおり。

 

フィナステリド ミノキシジル
  • 精力減退(精力が衰える)
  • ED・勃起不全(勃起しなくなる)
  • 倦怠感(集中力がなくなる)
  • 乳房の肥大化(男らしい体つきを失う)
  • 胎児への悪影響(女性は使用厳禁)
  • 頭痛・めまい(血圧が下がる)
  • 頭皮の痒み・炎症
  • 体のむくみ(顔に出ることが多い)
  • 動悸(心臓がバクバクする)
  • 吐き気
  • 低血圧症
  • 多毛症(体毛やヒゲが濃くなる)

 

フィナステリド副作用の注意点は?

フィナステリドの精力減退や勃起不全に関してはプラシーボ効果など諸説あり、抜け毛抑制という得られるメリットと比べると微弱な副作用と言えます。さほど心配する必要はありません。

 

それよりもフィナステリドで懸念すべきは女性への影響です。フィナステリドは基本男性しか服用してはいけません。女性が服用したり、もしくは触れるだけで皮膚から成分が入り込み、悪影響を与えるといわれています。

 

とくに妊娠前や妊娠中の女性がフィナステリドに接触すると、お腹の中の胎児の男性機能に悪影響を及ぼすと言われています。使用する際は家族やまわりの女性が触れないところに厳重に保管して管理しておきましょう。

 

ミノキシジル副作用の注意点は?

ミノキシジルの副作用は外用薬と経口薬で異なりますが、副作用が起こる可能性が比較的高いのが経口薬であるミノキシジルタブレットです。

 

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、血圧を下げるのはもちろん、血流を促進する働きがあります。それがメリットでもあるわけですが、逆に血圧が下がることでカラダがバランスを崩し急な変化に対応えきず、体調不良の原因にもなります。

 

また、発毛育毛を促進するのはなにも髪の毛だけではなく、体中の毛という毛に同じく作用します。多毛症という症状で、髪の毛はたいして増えないのに、ヒゲや体毛が一気に濃くなり使用を中止する人もいます。

 

光と影、どちらも把握するのが重要!

AGA治療薬を服用する際は、ぜひメリットだけでなくこれら副作用の種類や症状などデメリットもしっかり把握したうえで、医師と相談しながら判断してほしいと思います。

 

AGA治療による改善実感率70~80%は間違い?

よくAGAクリニックなどで治療を受けると70~80%の人が改善を実感すると言われていますが、この数字はたしかに嘘じゃないし妥当なところかもしれません。

 

しかし、これはちょっとした言葉と数字のマジック。これを真に受けて、例えば10人中7~8人は薄毛が治ると勘違いする人がいますが、実際は回復するのはせいぜい1人か2人程度でしょう。

 

というのも、実感率というのは本当に”些細なことでも何かしらの変化があったような気がする”レベルのことだからです。つまり、「実感した人=治った人」ではないわけですね。

 

髪が生えたという大げさな変化でなくても、例えば、抜け毛が少し減った気がするとか、根本がしっかりしてきた気がするとか、毛が少し太くなった気がするとかでも実感率に含まれます。

 

AGAクリニックに通って治療に専念すれば70~80%の確率で薄毛が改善するんだ!などと淡い期待を持つと、あとで貯金残高を確認しながら肩を落とすことになりかねないので、その点は重々承知しておきましょう。

 

 

少し気になる段階、予防段階ならば治療薬に頼らなくても改善できる!

薄毛や抜け毛が少し気になりだした程度、これから薄毛になる可能性を見越して予防しておきたい人は、フィナステリドやミノキシジルに頼らなくてもセルフケアで十分対応可能です。

 

わざわざ高いコストをかけて副作用のリスクまで背負わなくても、安全にしかも効率的にケアできます。

 

生活習慣の見直し

まずは生活習慣を見直すこと。これは鉄板です。睡眠不足、偏食、運動不足、ストレスのため込みすぎなど、思い当たるふしはできるだけ改善し、根本的にカラダ自体を健康にしていくことで頭皮にも良い影響が与えられます。

 

シャンプーや育毛剤で頭皮環境改善

スカルプシャンプーでしっかりと頭皮を清潔に保ち、余裕があれば育毛剤などを使いながら頭皮マッサージをして血行促進をしていきましょう。地道なケアですが毎日コツコツ行うことで全然違ってきます。

 

抜け毛抑制、栄養補給に育毛サプリ

育毛サプリを食生活にプラスすれば、抜け毛を抑えることができて同時に髪や頭皮に必要な栄養素も十分に補給できます。とくにノコギリヤシはフィナステリドと似たような効果があるにもかかわらず、副作用リスクは一切ないので、うまく取り入れると強い味方になります。

 

関連ページ

AGAの原因とは?3つの悪魔
まずは基本を知ろう!AGA(男性型脱毛症)の原因、メカニズムを徹底解説しています。
抜け毛の危険度チェック
あなたの抜け毛は危険な抜け毛?大丈夫な抜け毛?抜け毛の種類から薄毛になる可能性や危険度をチェックしよう!

注目!ハゲメンサプリ人気特集ページ

AGAの基礎 抜け毛チェックシート AGA治療薬の副作用

価格で選ぶ! コスパセットで選ぶ! 評価レビュー

ランキングメニュー

体験レポート

薄毛の基礎Q&A

育毛サプリのQ&A

運営者情報

このページの先頭へ